Skip to main content

オンタイプのドリップコーヒーは、その簡便性から、数年前より注目されている商品です。
カップの上に乗るため、お湯に浸かることがありません。

珈琲豆の種類によっては、お湯に浸かる方がコクのある味わいになる場合がありますが、さっとお湯を注ぎたい場合は見た目もお洒落ですので、差別化の商品としてオンタイプがおすすめです。